お湯に入りながら満点の星空をどうぞ~テカポ・スプリングスに新たなアクティビティが登場

ニュージーランドで人気のアクティビティの一つ、アオラキ・マッケンジー国際ダークスカイ・リザーブでの星空観賞。2017年の初頭に新たな星空観賞サービスが仲間入りします。

 ニュージーランドで人気のアクティビティの一つ、アオラキ・マッケンジー国際ダークスカイ・リザーブでの星空観賞。2017年の初頭に新たな星空観賞サービスが仲間入りします。

 ニュージーランドの南島の中央にあるテカポ・スプリングスは、南アルプスの天然水を使ったホットプールで一年を通して人気のスポットです。この施設に、お湯につかりながら、世界で最もクリアな夜空で、星空観賞ができるツアーが加わる予定です。

 テカポ・スプリングスが位置する小さな街、レイク・テカポは、クライストチャーチから車で約3時間のところにあり、4144平方キロに広がるアオラキ・マッケンジー国際ダークスカイ・リザーブの玄関口にあたります。

 テカポ・スプリングスの星空観賞ツアーの最大の特徴は、温かいお湯に浸かり、リラックスをしながら星空観賞を楽しめることです。ツアーは9時半からスタートし、原生林の上に浮かぶ月や星空などを眺めます。

 また、天体に関する音楽がBGMで流れるほか、資格を有する星空ガイドによる、夜空に瞬く星や星座、星雲などの紹介が行われます。それは、まさに世界一を誇る星空をダイナミックに使った”天然のプラネタリウム体験”だといっても過言ではないでしょう。

 ホットプールでの星空観賞を楽しんだ後は、併設するタールバー&カフェ(Tahr Bar & Cafe)で 、口径9.25インチのセレストロン製の最新型の望遠鏡で、さらに星や星空、星雲をクローズアップして見ることができます。

 また、同カフェでは、テカポ湖の奥に広がる壮大な南アルプスの山々を眺めながら、“お風呂上り”のワインやビールを楽しむことができます。

 テカポ・スプリングスでは、ホットプールのほか、冬期には、スケートリンクやスノーチューブ施設が、夏期には、ウォーター・スライダーが設置されます。

 テカポ・スプリングスでの星空観賞ツアーは2017年の初頭に開催が予定さて、ツアーの所要時間は、約1時間半(通年催行)です。

星空を守るための取り組み

(アオラキ・マッケンジー国際ダークスカイ・リザーブ)

 2012年6月に国際ダークスカイ・リザーブから星空保護区のゴールドステイタスの称号が与えられたアオラキ・マッケンジー地区。アオラキ・マッケンジー地区は、光害がほとんどないことで、ダークスカイ・リザーブの最高賞のゴールドを受賞しています。同エリアは、レイク・テカポやアオラキ/マウント・クックなど、4300平方キロの広範囲なマッケンジー地区に広がります。また、星空観賞ツアー、アース・アンド・スカイの代表である小澤英之さんが中心となり、「星空を世界遺産に」という取り組みが町ぐるみで行われ、1981年から、マッケンジー地区に光害を抑制する計画が実施されています。

 レイク・テカポの住民の協力により、夜9時になると部屋の明かりを隠すため、カーテンを閉めたり、電気を消したりすることをはじめ、レイク・テカポの道路にある電灯は、傘が下向きに接しされ、オレンジ灯にするなどの工夫がされています。

 このような努力もあり、同エリアは、南半球で唯一、銀河系の近くにあるマゼラン星雲を通年で見ることができます。

どちらのコンテンツがよろしいですか?