ミルフォード・トラックの背景

ニュージーランドは、ユニークな自然保護区域や原生林にアクセスできる遊歩道やウォーキング・コースが充実しています。

 グレート・ウォークと呼ばれる9つのウォーキング・コースがあり、ミルフォード・トラックはその中で最も有名と言えるでしょう。

 2013年11月に125周年を迎えるミルフォード・トラックは、世界でも有数のウォーキング&ハイキング・コースとして、長年人々の心を魅了してきました。

 ミルフォード・トラックは、ニュージーランド南島に位置する国内最大の国立公園、フィヨルドランド国立公園を横断するルートで、テ・アナウからミルフォードサウンドまでの53kmを3泊4日かけて歩きます。

 ウォーカーは緑豊かな渓谷や山地、険しいフィヨルドなどのドラマチックな風景に出会うことができます。

 その完璧な自然美から、ミルフォード・トラックを訪れた人々は、かつて詩人のブランチ・ボーンがロンドン・スペクテーター誌で「世界一美しい散歩道」と称賛したことに驚きはしないでしょう。

ミルフォード・トラックの歴史

 ミルフォード・トラックは、その称賛と同じく豊かな歴史を持ちます。ミルフォード・トラックは、元々マオリの人々がジェイド(ヒスイ)を求め、ミルフォードサウンドへ旅したルートでした。

 1888年クィンティン・マッキンノンにより、道が開拓されたと考えられています。

 ミルフォードサウンドに初めて住みついたヨーロッパ人探検家のドナルド・サザーランドや、ジョン・マッケイ、クィンティン・マッキンノン、アーネスト・ミッチェルらにより、ミルフォードサウンドの価値は世界に広められました。

ミルフォード・トラックを体験

 ミルフォード・トラックは過去125年に渡り、進化し続けてきましたが、手つかず風景は今も変わらず、そのままの美しさを保っています。このことが、ニュージーランドで最も有名なデスティネーションのひとつで在り続ける理由とも言えます。

 年間で14,000人がミルフォード・トラックを体験し、ハイシーズン中は一日最大で40人の個人ウォーカーが、トラックを歩くことができます。

 Ultimate Hikes社によるガイド付きウォークは夏季の間、各ハイキングで50人までの参加者を受付けています。

 ミルフォード・トラック・エンカウンターと呼ばれる、日帰りのガイド付きウォークも用意されています。

 グレート・ウォークのひとつであるミルフォード・トラックは十分に計画された、参加しやすいルートです。

 フィヨルドランドの天候は多様で変わりやすいため、ハイカーは適切な用具や服装についてきちんと把握しなくてはいけません。コース上に食べ物を購入できる場所はありませんので、食料は持参する必要があります。

 ミルフォード・トラック上には3つの山小屋があり、個人のウォーカーは事前の予約が必要です。

自然保護と文化的要素

 ミルフォード・トラックを歩けば、その雄大な自然だけでなく、文化と自然保護の融合に出会うことでしょう。

 マオリの人々や、かつてこのルートを通った人々の歴史を、大自然の中に垣間見ることができます。

 近年の環境保護活動としては、パテケなどの絶滅危惧種が放鳥され、タカへの放鳥も近い将来に予定されています。

スター級のロケ地

 ミルフォードサウンドはピーター・ジャクソン監督の映画『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の中でも、重要な役割を演じました。

 山々、滝、深い森、野生生物などの壮大な風景は、ジャクソン監督をこの地へと導きました。フィヨルドランドでは『ロード・オブ・ザ・リング』3部作で、ファンゴルンの森などの撮影が行なわれました。

 壮大な風景、豊富な海洋生物、ドラマチックな滝、様々なアウトドアなアクティビティとともに、かつてイギリスの作家、ラドヤード・キップリングに「世界8番目の不思議」と絶賛されたミルフォードサウンドがゴールを飾ります。ミルフォードサウンドは世界中の多くの人々にとって、いつか訪れてみたい憧れの場所です。

どちらのコンテンツがよろしいですか?