ニュージーランドにカプセルホテルが初上陸

ニュージーランド第二の都市、クライストチャーチの国際空港からわずか数分ほどの場所にカプセルホテルを擁する総合宿泊施設「ジューシー・スヌーズ」が誕生します。

 レンタカーや宿泊施設、クルーズなどを扱う総合的旅行業者、ジューシー社が、11月1日に、ニュージーランドでは初めてとなるカプセルホテルをオープンします。

 同カプセルホテルを擁する総合宿泊施設“ジューシー・スヌーズ”は、ニュージーランドで2番目に大きな都市であるクライストチャーチの国際空港から、約数分のところに位置し、合計で271台のベッドを構えます。日本人の旅行者には、宿泊費をできるだけ抑えたい方や、ニュージーランド航空の東京便をはじめとした国際線の早朝出発便などでの利用がお薦めです。

 部屋のタイプは、通常のビジネスホテルのように、シャワーやトイレなどが部屋に完備されたタイプの部屋と、ロッカーやWifiなどが利用できるカプセルホテル・タイプの部屋があります。ビジネスホテル・タイプの部屋は、一人~家族向けのタイプまでさまざまです。ジューシー・スヌーズは、最新技術を搭載し、スマートフォンやキオスクでセルフ・チェックイン・チェックアウトをすることができます。

 ジューシー社のCEO、ティム・アルプ氏は、「オープンの1カ月前なのですが、すでに話題を呼んで、既に600件の予約をいただいております」と語ります。

「私たちは、 これまでの従来の格安宿泊施設のサービスを抜本的に捉え直し、宿泊者にとって障害となっているものを取り除こうと考えました。その一つが、セルフ・チェックイン/アウト・システムです。従来ならば、一定の時間、チェックイン/アウトの登録や支払いなどでレセプションに行列ができますが、この作業をセルフで行うことにより、『待たされる』ことがなくなります。私たちは、滞在客の方が、この宿泊施設を利用される際、最初と最後の印象が効率的で便利であってほしいと考えます」

 ジューシー・スヌーズのメーン・ターゲットは、バックパッカーですが、低予算で旅行を楽しむ人々や家族などにもデザインされた部屋を用意しています。滞在客は、広々としたラウンジやインターネット・コーナーなどの共有スペースを自由に使うことも可能です。

 カプセルホテル・タイプのジューシー・スヌーズ・ポッドは1泊39ドル~で、短時間~1泊など、利用者のニーズに合わせて料金が変動する仕組みです。レンタカーやキャンピングカーのレンタルで知られるジューシー社は、2017年の6月にクィーンズタウンで、5階建てのジューシー・スヌーズを建設する予定です。

どちらのコンテンツがよろしいですか?