フィッシュ&チップスを味わいながら、マオリ語をマスターしよう!

クライストチャーチにあるレストランで、キーウィの定番メニューを味わいながら、マオリ語の無料レッスンを受けることができます。  

 

 

A post shared by We are FUSH 🐟 (@fushshorebro) on

 キーウィに定番の食べ物と言えばフィッシュ&チップス。クライストチャーチの街にある有名なシーフード料理店のファッシュでは、この定番料理を食べながらマオリ語を勉強できるというユニークな体験ができます。  

 

A post shared by We are FUSH 🐟 (@fushshorebro) on

 同店が毎週月曜の夜にマオリ語の無料レッスンを開始したところ、その初回参加人数は、なんと600人にも上りました。  

「私たちは12人くらい集まればいいかな、という風に考えていたのですが、ネット上で紹介したら反響がものすごくて驚きました」と、共同経営者のアントン・マシューズ氏は振り返ります。

 (ファッシュのチームは、予想外の反響に広い会場を探すことになりました。イベントには大勢の参加者が詰めかけ、大盛況を収めました。

「第一回目のレッスンを行ったばかりですが、その反応に驚いています。皆さん、また参加すると言ってくれたので楽しみにしています」。  

 ファッシュはファナウ(家族)経営のレストランで、最高のフィッシュ&チップスを提供することをモットーに2016年に開業しました。マナキタンガ(マオリ語でゲストへのおもてなしの意味)は、アントン氏とスタッフが大切にしているもので、レストランの顧客はまるで家族のように温かく迎えられます。そして同店のメニューは英語とマオリ語で書かれていて、顧客が料理を待つ間にマオリ語が話せるようにと、簡単な会話例も紹介されています。  

 

A post shared by We are FUSH 🐟 (@fushshorebro) on

 昨今、ニュージーランドにおいてマオリ語の教室は人気を集めてきています。その背景には、老若男女問わず自国の文化を再認識したいとかマオリ文化をさらに知りたいという意識が高まっていることが挙げられます。  

 テ・タウラ・ウィリ・イ・テ・レオ・マオリ(マオリ語委員会)のナヒウィ・アパヌイ会長によれば、現在、子どもたちは家庭でマオリ語を使うようになってきたと説明します。1970年代の調査では、異なる世代間でマオリ語が使われていなかったことと照らし合わせると、この変化は喜ばしいことで、「それは、荒野に新しい草の芽が生えているようなものです。マオリ語は生きていて、新しい発展を見せてくれているのです」と語ります。 

 さらに、マオリ語は世界的にも波及を及ぼしています。2017年には、ディズニー映画『モアナ』がタイカ・ワイティティ氏が携わるマテワ・トラストの協力を得てマオリ語に翻訳されました。また、著名なジェームズ・ キャメロン監督は、映画『アバター』に登場する架空の言語であるナヴィ語を考える際にマオリ語を参考にしたと話し、マオリ語はニュージーランドに敬意を表するものだと説明します。 ちなみに現在、その続編がニュージーランドで撮影されています。

 一方で、毎年9月にはニュージーランドではマオリ語を祝うマオリ語週間があります。マオリの言葉を使ってみたり日常生活に取り入れてみたりと積極的にマオリ語を普及する運動が行なわれています。  

 

A post shared by Cherry & Whites (@cherryandwhites) on

マオリ語委員会が作成した、マオリ語でコーヒーを注文をする方法を紹介したパンフレット。 
Credit: Te Taura Whiri i te Reo Maori

 マオリ語委員会のトゥエフ・ハリス氏によると、マオリ語が復興することで恩恵を受けるのは国民だけではありません。ニュージーランドを訪れる観光客にとっても、マオリの豊かな伝説文化に触れたり、土地や人、風景について深く理解できたりするため、ほかにはない旅の貴重な経験につながると説明します。

「マオリ語の物語は、ことわざや伝統的な文学、歌などと関連することが多々あります。ですから、観光客がこの国で見たものの良さを理解したり、昔の様子を思い浮かべたりするのに役立つことでしょう」。  

 ナヒウィ氏は、現在起こっているマオリ語の復興に対するマオリ社会の努力を称え、その背景には各学校や地域社会といったコミュニティーベースの強いサポートがあることを信じています。 

「マオリ語はみんなのものです。色んなところで一人でも多くの人が教えたり、使ったり、学んだりすることで、言葉が息を吹き返してきます。草が森に成長していくのです」  。

便利なマオリ語の会話集

 

・Kia ora – キア・オラ/カジュアルなあいさつの言葉でこんにちは、元気、などの意味

・Ka kite anō –カ・キテ・アノ/また会いましょう。

・Kei te pēhea koe?  –ケイ・テ・ぺヘア・コエ?/元気ですか?

・Kei te pai! –ケイ・テ・パイ!/元気です!  

・Ko wai tō ingoa? –コ・ワイ・ト・インゴア?/あなたのお名前は何ですか?

・Ko …. ahau– コ・×××・アハウ/私の名前は×××です。

・Kai –カイ/食べ物

・Taonga –タオンガ/宝物

・Maunga –マウンガ/山

・Awa – アワ/川

・Moana –モアナ/海

・Iwi – イウィ/部族

・Tangata whenua  - タンガタ・フェヌア/土地の人

・Aotearoa –アオテアロア/ニュージーランド、長くたなびく白い雲

・Aroha – アロハ/愛

 

A post shared by Alice Bates (@alicebatesy) on

どちらのコンテンツがよろしいですか?